こんにちは、ゲスト さん


会員登録(無料) |  ログイン  

占い師・癒し人・パワースポット情報

 
 
TOP  >  コラム  >  白昼夢  >  白昼夢  >  星の鍵 1 『自立』
 
hakuchumu

 

2015
9月 25
(金)
18:27
星の鍵 1 『自立』
星の鍵 1 『自立』

一つの私の夢見を紹介します。

とても短い夢見です。


 



『私は山を歩いています。

とても細い細い山道。

人一人歩くのがやっと。

しかも縦に縦に

足を前に出さなければ

立てないほどの細い道なのです。

私は夢見の中で思います。

この道は誰かが

たった一人で歩んだ道だ…

誰だかわからないけど

先に歩んだその人のおかげで

私はこの道を歩んでる…

そう、気づきます。

途中、途中、

後ろを振り返っると

周りの景色がぐわん!ぐわん!

と変わり私は驚きました。

眼下に見えるその景色は

歩けば歩くほど

美しくなっていき
私は驚きを隠せませんでした。

私は何も持っていなかったのに

その時に必要なものが

その領域にありました。

満たされ足りている…

前を見るとガイドが立ち

私を導いています。

私は信じ歩み続けていきました』


 




この夢見は

次元シフトの夢見です。

言い換えれば

魂の進化。

もっと優しく言えば

心の成長。

山は私の魂の進化を現しています。

自身の魂の山。つまり進化は

自身一人で登ります。

もちろん、鏡の法則で

周りから影響を受けて

触発されますが、

影響を受けたとしても


自身の足を使い

登ったとき、

領域を超えた時、

鏡の法則を使い貴方の見る
景色は変わります。

貴方の感じ方が変わるのです。

どんなに周りからの影響を受けても

どんなに外に求めても

自身が変わることで

領域が変わることを知らなければ

自立し自身の足で進まなければ

貴方の見る世界は変わらない。


貴方が見る世界は

自身の魂の立つ場所に反応した

景色だからです。



何故、道は一人がやっと立てる

ほどに細いのでしょう。

それは、私たちは宇宙の法則により

一つ一つの魂の自由が許され、

外からはその自由選択を

犯されないように

設計されているからです。



そして、道が足を揃え並んで

二本立てないほど

細い道なのは

進化の法則では

絶えず絶えず

前に前に流れ進んでいく

ことを現しています。

前に足を出すか

後ろに足を下げるか。

どちらかに進んでいるのです。



自身の足で立ち。

前に前に足を出し

進んで行けば

環境に囚われることはありません。



その場所に反応した

素晴らしい景色を貴方に

映しだします。



依存は自身を信じないこと。

他者に力を明け渡すこと。

歩みを止めてしまうこと。

自身の力を失うこと。

その領域に囚われてしまうこと。




自身の人生は自身でしか
変えることができません。


後退は自身の力を
どんどん放棄していくこと。


自身の立つ足をしっかり見て、

自身の足で歩み

景色が変わることに気づきます。

そして、自身で変えることが

できる!そう、気づいた時に

自身の魂の山の麓に立ち

領域を変化させる

力を取り戻すのです。

自身の足で!それができるのです。

あなたにはその力がある!

そして、その進化を楽しむ事ができる。

余分な荷物は
その領域に置いていきます。

もう、必要ないからです。

軽やかに!自身の足で!

不思議ですが、私は夢見の中で

何も持っていなかったのに、

必要なものは、その時々に

現れてきたのです。

それに、必要なものはあまりなく

新しく見る
その領域に全てはもう、
ありました。

『自立』

その力を取り戻した上で

貴方が立つその領域に

映し出されたその世界を

愛しギフトを受け取ります。

そこに映し出されたものが

どんなものでも

それは貴方が立つその場所に
反応し映し出されています。

そこがいやなら、
歩き出せばいいのです。

登り=気づきです。
登り=信念の書き換えです。
登り=許しです。
登り=信頼です。

何が登ることなのか、
沢山のメッセージがヒントが
貴方の元へ届いてきます。

それが、
ハイヤーセルフからのメッセージや
夢見や気づきや触発です。

それを貴方はキャッチして
自身の内側のハートに落とした
時に一歩登ったことになります。

貴方の見る景色が変わり
貴方はえっ!
嘘でしょ?
こんなに簡単に変わるの?
と驚きを隠せません。



望むものを見ながら、

前に前に進んでいきます。

気づきを得ながら

余分な荷物を手放し

歩けば

景色は必ず変わっていくのです。

貴方が見える世界は

あなたの魂の山の立つ場所に

反応し映し出された

世界なのですから。


他の人がどう評価するか…

どう思われるか…

は関係ないのです。

貴方が変われば

貴方の見る世界は変わるのだから。

他者からの評価ではなく

自身に生きるのです。

人からの評価は
自身が自身に与えている評価が
鏡のように現れている
だけだからです。

そこには変容のパワーは
ないのです。

自身で変えることができる。
いや、自身でしか変えることが
できないのです。

自身の力を取り戻し
自身を愛し許します。

自己愛こそ、
山を登るパワーだからです。

すると、鏡の法則で
外の世界も貴方を尊重し
愛し許し始めます。

外の世界も敵ではありません。
貴方の反映なのです。
内側を愛し
外側も愛し

意識は更なる進化を進みます。

外側の世界は鏡の法則を使い

貴方に一番大切な事を
教えてくれています。

それが何を言っているのか、
それに気づくまで
繰り返し現れてくる厳しき
宇宙の法則の教師です。

夢見は内側からサインを
送ってくれます。

貴方がゆったりリラックスしてる
時に流れてくる
アイディアやサインや夢見も
ハイヤーセルフからの
メッセージです。

しっかり自身の足で歩みながら
その景色が何を
教えてくれているのか
それに気づき歩んでいく。

全ては貴方の進化の流れへ
導いています。

その魂の山を登ること。
意識の拡大、進化、気づき
が大きくなることが
ハイヤーセルフ(大いなる自己)
に近づいていく
歩みよっていくことです。

私たちはそこから分かれてきた
魂なのです。

そして、そこに今、
帰ろうとしています。

意識の拡大、進化、気づきが
大きくなると
貴方の悩みや閉鎖感は
どんどん消えて
本当のありのままの自分を
取り戻していくのです。

貴方は本来、
何にも比べることなどできない
素晴らしい貴方自身の
宇宙で唯一の輝く魂なのです!

その気づきをアイ アムと呼びます。

宇宙唯一のI AM。

あの夢見で見た山は
私たち一人一人そのものなのです。
意識を拡大させながら
大いなる自身の山へと
成長していく。

それが、その一人がやっと
歩むことのできる山道は
貴方自身の山であると。

夢見は教えてくれています。

自立のペアは依存。

ペアはペアと繋がっていつも呼び合い完全性になろうとするのです。

だから、貴方を自立へと導いた
依存を許してください。
ありのままに許すだけ。
許すことと、選択は違います。
許しは違いを一つにします。
許しは二つの違いを一つにくくり
素晴らしい世界を創造するのです。
違いを変えるのでなく
違いを許してください。

それは、違いでありながら
一つにくくること。

違いを繋ぐこと。



誰かに頼りたくて

一人で孤独で

悲しくて

辛くて

どうにもできなくて

逃げたくて

張り裂けそうで…

誰かに助けてって

頼っていた貴方を許し
愛し抱きしめてください。

貴方を助け導きそこから

連れ出すのは

貴方自身だったから。

貴方自身が貴方の手を握り
共に歩んでいきます。


二人は一つになり

共に進みます。

ありのままに、そうだった自分を

許してください。

許せば、依存は貴方の自立を
支えるのです。

許せば愛になるのです。

二つをくくり
中心点に移行し

真の自立の道を歩み始めます。

2点の中心こそ中心点で

中心点の連なりこそ
中心軸です。

依存は貴方を真の自立へ導く

陰のメッセンジャーでした。

依存を知り、依存を知っている貴方はまるで、正八面体のように
しっかりとした上下のバランスを
とります。

振り子のようにゆらゆらとは

もうしないのです。

二つを知っている

貴方だから、

中心点を知るのです。

中心点を知れば、
全ては貴方の味方なのです。

全てを愛し進んでいきます。


二つをくくり進みます。

二つを愛してください。

二つを許し愛した上で

選択をし

そして、望む方へと

進みます。

二つを知り
二つを許し
二つを愛した時に

その2点の空間で貴方は
自由になります。

それが創造なのです。

相対するものが

反発のエネルギーから

創造統合へエネルギーの向かう

方向がシフトし

ベクトルが変わっていくのです。

横軸は統合の三角形の

頂点へと向かい始め

縦軸を創造し始めます。


それがバランスであり

完全性にして

中心軸に連なることなのです。

完全性にして

貴方の中心軸に連ねていきます。

バラバラだった一つ一つを。

完全性にしていくんです。
それが、ギフトです。

私たちはバラバラになりながら、
分離を繰り返し
旅立ち離れてきました。

だから、

繋げながら、帰っていきます。
愛に喜びに一つに帰って
いくんです。

ギフトを受け取りながら。



星の鍵 1 は

『自立』でした。

自身の足で地球に立ち

自身の魂の山を
自身の足で登ります。

貴方の宇宙で唯一の素晴らしい
魂の山を。

そして、他者に外に生きるのを
やめて自身の力を取り戻します。

シャインワードは「自立」
シャドーワードは「依存」

でした。二つを一つにくくり
真の自立の道を選択します。

依存は自立を助け二つは
統合しながら、真の自立へと
貴方をシフトさせます。
進化の流れへと導くのです。


白昼夢