こんにちは、ゲスト さん


会員登録(無料) |  ログイン  

占い師・癒し人・パワースポット情報

 
 
TOP  >  コラム  >  白昼夢  >  白昼夢  >  星の鍵2 『悩み』
 
hakuchumu

 

2015
9月 26
(土)
09:16
星の鍵2 『悩み』
星の鍵2 『悩み』

私たちに訪れる悩みとは何でしょう。

私の一つの夢見をお伝えします。

それは、夢見というか。

ヴジョンが夢見の中で訪れたような
感覚でした。

夢見から覚めて行く時

目覚めに近い領域、レム睡眠の

領域で見たものです。

レム睡眠の領域では

ヴジョンや名前や具体的な情報や理解を得ることが多く

逆に深い眠りの時には

ストーリーとなって別の領域にはいるように夢見を見る事が多いと感じます。


目覚めに近いレム睡眠の時に
何度も現れたヴジョンです。


『川の流れのような。

言葉にするなら、エネルギーの流れが前に前に流れています。

前に流れていると思ったら

上に上昇気流のように流れています。

両サイドには影のように

暗い流れがあり

後ろに後ろに流れています。

でも、よく感じとると

下に下に流れています。

▼△▼ 簡単に図で表すと

こんな感じです。

その領域は理解がテレパシーの

ように流れてきます。

白い明るいよく見ると七色の光は

上昇気流で私がいざなわれてる

私を後押しする流れ。

中心にある流れです。

逆に暗い下降する流れは

私が近づくと私に苦痛や不快を与えて白っぽい七色の上昇気流へと私を押し出すのです。

まるで排除するように。
抵抗の流れを感じます。

私はその不快を感じて

センサーのような触感を使い

明るい方へと軽やかな方へと

上昇気流へと楽々に進む流れの

方へと移行しています。

抵抗して暗い下降の流れに留まると
その抵抗はどんどん大きく拡大していくのです。

私は夢見の中で気づきます。

ああ…この暗い下降の流れも

私を加護する存在なんだ…。

そうあることで私を私である流れへと押し出している…。

私が暗い下降するながれに行く時

それは、激しい苦痛と憤りのエネルギーで早くここから出たい!

と猛烈に感じます。

私はそのエネルギーを使い、

ジェット噴射のように

白い明るい上昇気流の方へと移行しました。

そして、少しずれるとまた、

不愉快さを感じて中心へと移行します。


両サイドの▼△▼ 暗い流れが

白い明るい上昇気流を存在させ

加護してる。私は夢見の中で

大きな気づきに驚きを隠せませんでした。』



悩みと言葉にすると

とても客観的になります。

でも、悩みといっても

愛す人との別れや

病気や

人間関係や

憤りや

続く苦痛や…

その中にいる苦しみや…

悲しみを私もよく知っています。

私もそこから、導かれて

来たからです。

でも、悩みの本流から

少し客観の視点に立った時に

少し離れた場所から見て

視点を変えた時に角度を変えた時に

見えてくるものがあります。


私は小さな頃から

悩みの本流の中にいました。

私は保育園の

園庭で誰とも遊ばず

『誰が私に教えてくれるの?!』て

空に向かって心の中で叫んでいたような子供だったから

悩み深き人生でしょう。


私は外の世界が本当に怖かったんです。残っている太陽のような揺るぎない暖かな記憶と
かけ離れた場所に一人で
立っている感覚でした。


幼い時に、上昇エネルギーの存在や高次の存在、また、
源と呼ばれる大いなる父の存在を
感覚的に覚えていて、


そこから、分離された地球に

まるで水滴のように落とされてしまった感覚があり
不安で苦しく孤独で
両親でさえ、別の世界の人のように
見えて、世界に溢れる様々な事が
私には残酷で激しい苦痛のように
感じていました。

逆に私が感じる、

内側のハートの部分にある
暖かな太陽や溢れる小さな泉や

私を元気づける
太陽の輝きや、
天から降ってくる歌や
小さな花々に

私のまわりの人たちは
全く興味がないように
見えました。

それを感じる私は、
競争心のない落ちこぼれのように
みんなには見えていたようです。

そして私の人生には
様々な悩みや葛藤や衝撃や苦しみが
何度も押し寄せました。

でも、この世界は私の恐れが映し出した世界なのです。
私が見る世界。

そして、暗い下降する流れが

私の本当の流れへと押し出していたのです。

今はそれが何故起きたのか

わかります。

私はそれを書き換えに来たのです。
自身の磐座を自身の手で。

本当はそれが何かを見て

愛と気づき書き換えて

再誕生するために。

だから、その恐れを見る必要がありました。

その全ては必然であり

▼△▼のように

暗い苦痛の流れは私をいつも

白い上昇気流へと私を押し出して

くれていたことに気づきます。

その瞬間、全ては変わります。

その瞬間、私は全てを愛し始めます。

その全てを許し

その全ては私が選択したことだと

わかります。

不思議ですが、その気づきを得た途端に悩みはあっという間に消えたんです。私は気づきこそ、悩みを解消する上昇なのだと感じました。

だからこそ、

全てが導く

その上昇気流の流れである

生き方を大切に大切にしていきたいと感じます。

そして、私個人にとどまらずそのように

前に前に進化上昇しようとしてる
私たち人々、人類の勇気と叡智を
愛し信じています。

この永き人類の歴史と進化に
敬意と感謝と愛を感じます。

私たちはとても勇気ある素晴らしい魂なのです。

生まれそして死ぬというその

プロセスさえ覚悟の上で

私たちはここに存在し

何かを得ようとしている

素晴らしい勇気と叡智と愛の魂なのです。

客観の視点に立てば、それが見えてきます。

悩みとは何でしょう。

私にとって悩みとは

上昇気流へと向かわせてくれる

厳しき深き愛なのです。

あなたにとっての悩みとは…。

それはあなたのハートにあります。
それはあなたが決めます。
全てから選択できます。
自身でいつも決めているんです。
それが信念です。
そして、その信念の鋳型を通し
あなたの世界を見ています。

あなたにとって『悩み』とはなんですか?

その答えがあなたの宝物となりますように。愛を贈ります。

星の鍵2は 『悩み』でした。

シャドーワードは『悩み』
シャインワードは『上昇』

でした。

二つを一つにくくり

中心軸で揃えて進んでいきます。

バラバラの欠片を完全性にしていく

それが、▼△▼の中心軸

愛のセンターライン。

上昇気流です。

そして、あなたの世界は変わり
驚きと愛と喜びに溢れた人生へと
シフトしていくのです。




白昼夢


 

写真は上昇気流の気づきを
繰り返していた時に
現実に現れたものです。