こんにちは、ゲスト さん


会員登録(無料) |  ログイン  

占い師・癒し人・パワースポット情報

 
 
TOP  >  コラム  >  白昼夢  >  白昼夢  >  星の鍵5 『欠乏』
 
hakuchumu

 

2015
9月 29
(火)
09:48
星の鍵5 『欠乏』
星の鍵5 『欠乏』


私たちに訪れてくる

足らないという『欠乏』とは

何でしょう。


私は小さな頃から

ハートから湧き上がる太陽の

ような輝きを感じていました。

でも…。その輝きはとても繊細で

外から与えられる

私への言葉や体験を通し

自分自身を信じる事ができなくる

度にその、輝きは隠れてしまい

どんどん小さくなりました。

自身を信じ、愛を信じ、人を信じた時にはまるで日の出のように輝きます。そんな時は全てがうまくいきます。

私が以前仕事に追われていた時、

様々なトラブルが沢山おこりました。

私は疲れ果てふと思いました…。

ああ…完全に繋がりが閉ざされている…。

繋がりが閉ざされていると

エネルギーが湧いてこず、

外に向け始めます。

外にあるエネルギーを求め始めるのです…。

本当は内側にあるのに…

外にあるエネルギーは

みんな欲しいようで

まるで飢えた獣のように奪い合って

いました。

悲しく辛い出来事や

心がすさんでいくような出来事を

見ました。

それでも、みんな必死なのです。

私もそうでした。

この世界は私の欠乏が映し出す世界です。

私はある時、もう!この奪い合いの

世界は嫌!!!と決めました。

私の中の限界点へと達したのです。



そして、どんどん、自身でないものを手放していきました。

どんどんどんどん手放して

私はシンプルに白に近いありのままの私を見始めました。

まるで幼い頃のありのままの自分です。

私は…何のためにここに来たんだっけ…?

随分と違う場所に来てしまった…。

私は思いました。

私はシンプルになりながら、

もう一度、その何のためを

内側へと見つめていきました。

その頃から不思議な夢見が増えていきました。

注意をそこに集めている状態です。

感覚を研ぎ澄ませています。

不思議な夢見は私をゆっくりと導き始めます。本当にゆっくりです。

日々日々…。

でも、変化は突然にやってきます。

私たち家族の人生は激変し

穏やかで平和な中に

私は安らぎと自然の美しさと

様々な方向から感じる愛や優しさに

慕っていました。

そして、夢なのか…まるで白昼夢のような領域で私はお昼寝をしていました。

すると、どんどん深い深い領域を

ワープしているような感覚になり

様々な領域を超え

空間を超え

いくつもの宇宙を超え

とても大きな大きな光の中にいました。全ては光の中で
発光されたような白っぽい光の中です。

そこには、大きな大きな光の父がいて言葉で説明がつかないのです。

形ではなく

その光全てが大いなる父で

私はその中に含まれているという感覚です。

ただ、存在を感じる…

分離していない

含まれている感覚なのです。

私も私がよくわからなくて

私は光の粒子で

大いなる父の一部で一分であることを感じました。

ただ、懐かしくて

その場所がなんなのかはわかるのです。

癒されて

長い長き旅から

一旦帰ったような不思議な感覚でした。

私は静かに泣いていました。

そして愛と光に溶けていきました。


しばらくすると

ハートの領域にある

泉と再び繋がる事ができました。

私のハートに泉が湧き上がり



懇々と流れる泉は

流れても流れても

溢れ出てきます。

ああ…やっと戻れた…。

私は胸がいっぱいになりました。

やがて泉は川となりました。

私は愛に溢れて

大いなる光の父に言いました。

『この泉を分かち合います』

すると、大いなる光の父は

喜び溢れ

聖なる川へと美しい花束を流してくれました。

花々は川へと入りまるで

ダンスをするようにクルクルと回ります。

私は光と愛の領域の中で

それを、受け取りました。

目覚めても、何日たっても

何年たっても

その泉は消えることはありません。

そして、泉を分かち合うと誓った時に受け取った花々の意味が
だんだんわかってきました。

欠乏とは…

私は聖なる泉と分断された時に起こるのだと感じました。

聖なる泉は大いなる父から源から流れ出る光の粒子の流れ出る出口です。

その泉がゴミや土やいろんなものが

詰まり閉ざされている状態の時に

人は欠乏するのだと。

溢れ出る泉がハートにあれば

分かち合っても

水は途切れる事はありません。

分かち合えば分かち合うほどに

泉は水を与えてくれるのです。

その水とは愛です。

愛の流れです。

そして、奪い合うと枯れていくのです。

私たちに充分に与えて頂いてる

そう思うと充分なものが見えて

足らない!と欠乏のエネルギーを

出すと途端に本当に足らない世界が

映し出されます。

そして、泉も枯れてしまいます。

私が小さな頃に感じた感覚のままです。

自身を信じてそしてハートを信頼すればそれは内側から溢れ出て
全てがそうなるんです。

小さな頃も。今も。

同じ。

何年ぶりに親友にあった時に

親友も同じ事を言っていました。

こんな話…40年間一度もしたことが

ありません。

彼女とは保育園からの付き合いです。

彼女は何でもできるスーパーウーマンでした。

私は羨ましくて、なんであんなに自信満々なのか分かりませんでした。

年を重ねて…初めて。

私の感じる泉の話をした後、

彼女の幼い頃の輝きについて

私は憧れを持っていたことを

話ました。

すると彼女はこう言いました。

『あのね…実はね私も小さな頃…。
胸の辺りあるふわふわのピンクの
光を感じていたの…。それがあると
なんでもうまくいくし、自信がもてた。でも…だんだん大人になるに連れて、心が汚れる度に小さく小さくなって忘れていってしまった。
本当にふわふわで!凄いの!』

彼女は目を輝かせて話した。

私は胸がいっぱいでした。

なんて素晴らしいんだろう。

みんな持っているんだ!
みんな…!
それぞれの泉やそれぞれの光を!

それが繋がりなんだ…。

父と子の繋がり…。

私たちの繋がり…。





欠乏とはなんでしょう…。

ハートにある泉を閉ざして

限られたものに目を向けている

だけ…。

私はそう感じています。

それぞれのハートに泉や

光が復活したなら

その内側を映し出す

世界はどんな風に変わっていくんだろう…!!!

胸がいっぱいになります。

共同創造した
真の豊かさを映し出す…。

私はそう感じているのです。



全ての人には

その泉も輝きもある!


夢見に導かれ今年9月に一つの完了を迎えた日本列島のセンターへエネルギーラインを繋ぐ旅の最後の日。

帰路、飛行機の着陸の時、

ハートに声が流れたのです。

飛行機が着陸する時

連続して並ぶ誘導灯が太陽の光りにあたり、地上から光のサインのように

角度が変化する度に力強く

美しく真っ直ぐに次々に

私に届きました。

その瞬間…。

『全ての人に光はある』

そう聞こえたのです。

私に理解が落ちて

ハートが開いていきました。

全ての人に…。光はある…。

ただ角度だけなのだ…。


完全に信頼した瞬間でした。

その瞬間、ハートは大きく開いて

泉は懇々と溢れ出していました。


自身が見るその角度によるのだと。

輝きは教えてくれました。

愛と見れば愛に。

足らないと言えば足らない。

溢れ出ていると言えば

その泉は見えてくる。

全ての人に光はある。

全ての人に泉は繋がっている。

涙が出ました。

それは…愛してるから…。

それは…大いなる父の愛が

懇々と流れ出ているのです。

全ての人を愛してる…。

全てを愛してる…。


大いなる父のエネルギーです。


全てである大いなる父は

その愛により

全ての選択を私たちにも

与えてくれました。


だから、

自身が選択しています。

いつも…何かを。


もし…。

今、ないと感じるのなら、

あると選択するのなら、


心の枯葉をどかして、

埋まっていた土を掘って

あなたの泉ともう一度

再会してください。

あなたの光と

もう一度再会してください。


そして、その泉も光も

大いなる父から届いている

私たちの繋がりの光の粒子だと

感じてください。


もし…足らないと感じるのなら。

その光に泉に

注目して増やしていけばいいんです。

選択するものを信頼して

注目していくんです。


信頼の許可を与えて。

信頼は扉を開く鍵だから。

完全信頼の器にこそ

完全性の粒子は流れます。

いつも、ペアになってるんです。


あなたがもし、充分にその泉も

光もあるのなら、

分かち合えば分かち合うほど

その泉はその光は大きくなり

決して足らなくならないでしょう。


そして、その信頼の鋳型を

光の粒子が通り現実を創造し

映し出されていくんです。


星の鍵5 は 『欠乏』でした。

シャドウワードは『欠乏』
シャインワードは『創造』

です。

気づきましたか?

泉に流れる水は

光の粒子です。

光の粒子は創造の素材なのです。

全てを創造し型取り

私たちに映し出す光の素粒子。

そして、それを意図しているのは

自分自身なのです。

自分自身の世界を選択し

意図し選んでいるのは

自分自身なのです。

内側を変えて

外側の見る世界を変えていく

事ができるのです。

泉と共に光の粒子と共に。

創造を選択してください。

創造とは信念の鋳型。

自身の内側にある器を通し選択しています。

欠片を回帰させながら、

完全性へと移行していきます。


欠乏と創造は

一つになり完全性へと

回帰します。

欠乏は聖なる泉と大いなる父との

繋がりへと導き、

私たちの魂の目的、創造へと

繋げてくれました。


二つもまた、あなたを愛へと

導いてくれました。

聖なる泉は全てを創造する

光の粒子です。ジャッジメントなしの全ての創造の元なのです。

だから、陰と陽。二つの勾玉が

一つになったその中心から

溢れ出ているのです。


そして、創造を意図しているのは

自分自身なのです。

あなたの鋳型を通して。



白昼夢