こんにちは、ゲスト さん


会員登録(無料) |  ログイン  

占い師・癒し人・パワースポット情報

 
 
TOP  >  コラム  >  白昼夢  >  白昼夢  >  星の鍵の使い方
 
hakuchumu

 

2015
10月 6
(火)
07:07
星の鍵の使い方
星の鍵の使い方

私は星の鍵を5つ
皆さんへ手のひらに乗せて
差し出しました。

愛をこめて…。

星の鍵は後、5つあります。

ここからは、少しゆっくり
星の鍵を出していきます。

一つ一つ。ゆっくり。
自身に落とすこと。

自身に…

これが、星の鍵を開くこと
だからです。

星の鍵の鍵穴は自身の
ハートにしかありません。

自身のハートにしかないのです…。

そして、開けるのは自身の選択に

より許され外からは

全く開けることはできません。

自身のハートを開けた時に
自身の星の鍵として
あなたのハートは受け取ったこと
になります。

少し頭を整理します。
私たちの現実は
私たちの信念の鋳型を
通して見えています。

信念の鋳型を変える時

気づきや癒し許しが起きます。

その時に何かが剥がれ落ち、
浄化昇華されるのを見てください。

私たちは今まで、
真の気づきではなない

恐れ

欠乏

依存

嫉妬

悩み

などのバランスが崩れた信念の鋳型をつくっていました。

地球にはそのエネルギーが溢れていたから沢山のものをそのまま
受け取っていたのです。

でも、時が来て…
私たちはそこから
飛躍しようとしています。

それが、今!です。

今までは、真の自立なしに
ただ、混乱に流されるままでした。

でも…新しい変容の流れが上昇の流れが流れてきてるのです。

私たちはその流れに乗って
変わろうとしています。

真の自立は中心軸を確立することに
より作り上げられます。

幻想から作り上げた

『依存』『悩み』『嫉妬』『恐れ』『欠乏』

の鋳型をシャドウワードを陰にして

『自立』『上昇』『真の望み』『真実の目』『創造』

のシャインワードの陽とペアにすることで陰陽の完全性として中心軸を

とり鋳型を貫いていきます。


中心軸は二つの中心でとることが
でき、陽のみでも陰のみでも
中心軸はとれないからです。


統合された完全性となった鋳型を
中心軸で揃えていくと

毎回繰り返す悩みを
入れる器がなくなります。

ペアにして完全性となり
二つが勾玉となると
陰は喜び陽を助けます。

それが本来の姿だからです。

陰陽ペアにすることで
ベクトルは中心へと
向かっていくからです。


鋳型を変えて、

重い囚われのエネルギーを

放ち

軽く自由になっていきます。

そして真の自身。

真の喜び。真の自由。

真の自立をした自身に

なっていきます。

いつも、真の…がつきます。

星の鍵 1.2.3.4.5.をあなたに

届けました。そして次は6。

一つ一つの信念の鋳型が変容した

時に訪れる現実を観察してください。

星の鍵を深くハートに落として

はっと気づく何かを

感じるのなら、

それは、変容しています。

さらさらと流れているのなら、

それは、真に受け取ってはいません。

真にハートに落とした時に

現実が鏡のように変わるのを

観察してください。

変容には

法則があります。

その一つ一つの智慧を

星の鍵に入れています。

紐解いています。

その体験を自身で見て

感じ掴んでください。

それは、とてもとてもパワフルな

変容だからです。

以前とは違うあなたに

会うからです。

再誕生していくように。

集合意識が社会をつくり
環境をつくります。

いつも。地球はその環境を私たちに

与えてくれている大きな許しと愛の

星です。そして、私たちの意識を映し出してくれています。

だから一人一人が大事なのです。
あなたが大事なのです。
あなたがハートからの
喜びであること。
真のあなた自身に生きることが
とても…とても…大事なのです。


さあ、次は星の鍵6に入ります。

私たちに訪れる

『争い』とは

なんでしょう。

私たちは小さな頃から

沢山の競争の中で育ってきました…。

あっ…いけない、いけない、
そうでした…ね…。

ゆっくりとじっくりと…。

星の鍵6 は次回にしましょう…。

愛と完全信頼を込めて。


白昼夢



 

二つの線がクロスした
中心軸を教えてくれている光