こんにちは、ゲスト さん


会員登録(無料) |  ログイン  

占い師・癒し人・パワースポット情報

 
 
TOP  >  コラム  >  白昼夢  >  白昼夢  >  星の鍵8…③『分離』
 
hakuchumu

 

[2015-11-3] 
2015
11月 3
(火)
11:04
星の鍵8…③『分離』
(カテゴリー 白昼夢
タグ  白昼夢 夢見コラム
星の鍵8…③『分離』


両極の二つ。ペアの二つの中心で
二つの両極をありのままに
許す時に
二つは一つになり
ギフトとなります。

それが統合です。

その時に古い学びは終了し
上昇気流が起きて
新しい領域に立ちます。

その連続が縦軸を創り出します。


以前、私は白昼夢のような

領域で大いなる父。

つまり、全てである父性の存在と

繋がりました。



『いいかい…愛する我が子よ。

出したものは片付けて進みなさい。

二つの中心の道を行きなさい。』


愛の振動の中で聞こえ流れた

その言葉の通り私は進みました。


出したものを片付けて…

宇宙の法則はいつも

出したものが帰るからです。

出したものを受け取ります。

信頼を出せば信頼。
愛を出せば愛に。

出したものを受け取り
完了しながら進むのが、

スムーズに軽やかに帰ることに
なります。

それを、いくつもの過去世を通して

私たちは行なっているから

いつも欠片を円にし

完了させながら進みます。

完了には許しが必要です。

ありのままに許す…。

勇気と愛がそれを可能にします。


バラバラの欠片を

完全性にし

二つの真ん中。

つまり両極の勾玉の中心の

道を行くのです。

それが、回帰の流れなのだと

わかります。

そして、回帰の流れは

沢山のギフトを受け取り

分離とは逆に思い出し、

気づき、

愛へと統合されていきます。


全ては創造です。
全ては選択により
何かになっています。

超えて行く時には
法則が働き

気づきがあり
完了していく
境界で
イニシェーションがあります。

本当に真にそれを超えているのか、
境界でリサーチされ
真に超えた時には
以前の学びは終わり
重石が外れ、軽い領域へと
ホームポジションが変わります。

その繰り返しが帰路になります。

真ん中の道を
統合の道を
愛の道を
許しの道を

通りそれを超えていきます。

それぞれの選択で。
それぞれの魂は本来は
比べる事ができない
素晴らしい愛だからです。

それぞれの魂の選択を
許し愛します。


星の鍵8は『分離』でした。

シャドウワードは『分離』
シャインワードは『統合』

です。

ただ、あるという領域から

創造を生み出す時には運動が必要です。

分離は統合を支え
統合は分離を支える

二つは共に創造を支え

創造とは愛の表現と気づきます。

全ては全てを支えています。

全てである中で
それぞれの役割で。

だから、許し二つの中心の道を行き

回帰していきます。

そう、選択するのなら…。


全てはもう、許す必要さえないほどに許されています。

だから、自身を愛し自身を許し
自身の選択を進みます。

全ては鏡だからです。



白昼夢