こんにちは、ゲスト さん


会員登録(無料) |  ログイン  

パワースポット情報『パワーネット・ジャパン』

 
 

道央エリア・パワースポット大湯沼 高ヒット

住所北海道 蘭越町字湯里
摂氏90度の熱湯がグツグツと煮えたぎっています。気温の低い日に来ると、ご覧の通り、湯気で向こうが見えません。

摂氏90度の熱湯がグツグツと煮えたぎっています。気温の低い日に来ると、ご覧の通り、湯気で向こうが見えません。

チセヌプリ登山口へと続く探勝路を行くと、青鬼池や鶴の湯などのちいさな温泉が所々にあり、直に手でさわることができます。めっちゃ、熱いお湯もあるので気を付けてください。

チセヌプリ登山口へと続く探勝路を行くと、青鬼池や鶴の湯などのちいさな温泉が所々にあり、直に手でさわることができます。めっちゃ、熱いお湯もあるので気を付けてください。

沼底の摂氏120℃エナジーが加熱する。先住民族が見守る特別な場所。

 ニセコの入り口にある銘水「甘露水」を過ぎて岩内方面に向い、美しい自然を満喫しながら、パノラマラインのアップヒルを進んでいくと、左側に雪秩父温泉が見えてきます。この裏手にグツグツと煮えたぎり、巨大露天風呂のような「大湯沼」があります。チセヌプリの麓に湧き出す源泉です。辺り一帯に硫黄の匂いが立ちこめ、湯気がモクモクと出ている表面には湯ノ花も浮遊しています。

「黄色球状硫黄」といって学術的にも珍しいものなのだそうです。沼を一周できる遊歩道を歩いていると、天然の大露天風呂を満喫したくなってきます。残念ながら熱くて入ることはできませんが、湯さわり階段があったり、足湯もできるようになっているので、ちょこっとだけ温泉気分に浸れます。ここ大湯沼はニセコの大自然に囲まれながら、母なる地球の鼓動を感じることのできる癒しのエナジースポットです。
 
住所北海道 蘭越町字湯里