こんにちは、ゲスト さん


会員登録(無料) |  ログイン  

パワースポット情報『パワーネット・ジャパン』

 
 

京都府・パワースポット大酒神社  高ヒット

住所京都市右京区太秦蜂岡町36
許可番号マリア
マリア 先生の詳細情報 »
大酒神社本殿。昔は大避神社、大闢神社とも書いた。もともとは近くの広隆寺にあったが、明治の神仏分離で移設。広隆寺は京都最古のお寺で、聖徳太子や泰氏に縁のあるお寺。泰河勝は聖徳太子のブレーンとして歴史に残る人物。広隆寺には、教科書に出てくる弥勒菩薩半跏像がある。

大酒神社本殿。昔は大避神社、大闢神社とも書いた。もともとは近くの広隆寺にあったが、明治の神仏分離で移設。広隆寺は京都最古のお寺で、聖徳太子や泰氏に縁のあるお寺。泰河勝は聖徳太子のブレーンとして歴史に残る人物。広隆寺には、教科書に出てくる弥勒菩薩半跏像がある。

海から来た人々、泰氏の源流。ここには日本経済のパイオニア魂。

  泰氏(はたし・はたうじ)は歴史の時間で習いましたね。応神天皇の頃、弓月王が百済から連れてきたことになっていますが、出土品などからは新羅説も有力ではっきりしていません。いずれにしても朝鮮半島から来たのでしょうけれど、韓国人?と決めつけるのは早いかも知れません。

 泰氏は、土木や養蚕、機織りなどの高い技術をもって大和政権の経済部門に影響を与えた人々です。今で言えば、大成建設やトヨタ自動車みたいな人達だったようです。政権から一目置かれる訳ですね。しかし異国から来たにもかかわらず、泰氏の活躍は凄い。朝廷に税を納める時、絹をうず高く積んだなどの逸話が残っています。これが太秦(うずまさ)の由来だとか…(諸説あります)。日本経済復活のためにも、泰氏パワーにあやかりたいものです。
 マリアさんは、ここへ来るといつも男の神様がいらっしゃると言っています。いつぞやの泰氏の方でしょうか。あるいは聖徳太子?働くパワーが欲しいなら、ここ大酒神社か広隆寺へどうぞ…。
住所京都市右京区太秦蜂岡町36
許可番号マリア
マリア 先生の詳細情報 »